<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< パーマネント ファニチャー ムーブメント | main | 2014. >>
ワークショップ。
 




ひさしぶりにブログを書いていますが 言葉にしてブログなどで
表現したい時と 全く想いを言葉で表現できないときの気持ちの
落差がはげしいな と感じます。(苦笑。)


2012年をもって体験型ワークショップは一旦終了させていただいたのですが
心うごかされるご縁で・・9月に入り2件のワークショップをさせていただきました。

一つは東京のシブヤ大学さんと塩尻市・塩尻商工会議所さん
とのコラボレーション企画 「人に会いに行く旅をしよう。
〜ローカルで豊かな暮らし方・塩尻編」
で木工体験
(カッティングボード制作)をしていただくWSと 
横浜在住の20代の青年から熱いメッセージのメールを受け
急遽ペーパーコードのスツールを制作していただく体験型WSでした。

前者の企画は 今年から塩尻市の塩嶺高原でクラフトショップを
オープンしたこともあり 塩尻に人をお招きするお手伝いができればと
24人という大勢の方の受け入れではありましたが ガレの定番作品の
カッティングボード制作を体験していただきました。

もう一つのWSは悩める青年より 木工の道に進みたいけれども
ガレでWS体験する中で 自分の進む道を判断したいという
ちょっと責任の重いWSでしたが 彼の話を聞いたり自分の経験を
お話させてもらいながら まる一日かけてスツールを仕上げていただきました。

僕も20代前半 生き甲斐とか自分居場所・心の拠りどころなど
とても悩んでいたので 彼の話を聞くなかで(昔の自分を思い出しながら)
あれから約30年ほど経過した現代でも 若者の悩みの核の部分は
同じなのかなと感じました。

たまたま20代前半に家具を制作する仕事に出合い 木工を
天職と思えるようになったこと。
木の素材を使い 木の生活道具に仕立て・しつらえ 使い手の方のことを
想いながら 作品を制作する仕事に行きついたことはとても幸運だったと
思えます。

当時の僕と近い悩みを経験している彼には 今までの自身の経験と
今ある情熱を持って 自分の好きな素材(または生きていくフィールド)
を選び自身が素敵だと思える理想のカタチを描いて 自分の生き方を
仕立てていって欲しいと願います。

シブヤ大学の方々も皆さんそうでしたが ひとり一人熱い想いを
持っていて 対面して触れ合い それぞれ自分の核になる部分を
確認しながら また迷いながら前向きに理想のカタチに進もうとしている
方々に出合えた貴重な体験でした。

”継続はチカラなり”
引き続き精進したいと思います。





スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://stylegalle.jugem.jp/trackback/64
TRACKBACK